大阪市天王寺区|株式会社坂田産業|シールなどの販促品の印刷・プリント【オリジナルのラベル・ステッカー、可変シールなど。インクジェットにも対応。】

大阪市天王寺区|株式会社坂田産業|シールなどの販促品の印刷・プリント
【オリジナルのラベル・ステッカー、可変シールなど。インクジェットにも対応。】

お問い合わせは06-6768-7278 〒543-0018 大阪市天王寺区空清町3-2
入稿方法とご注意
入稿方法
イラストレーターの場合
1. 文字はアウトライン化してください。
  (オブジェクト → パス → パスのアウトライン)

2. シールの形を細線・ガイド線・トンボ線により示してください。

3. 画像データの配置がある場合は、リンクの状態で設定し、
  画像データ自体も別にお送りください。
アウトライン作成
JPEG・GIFなどの画像データの場合
ウェブサイト・ホームページ用に制作された画像は、解像度72dpiである場合が一般的です。
72dpiのまま印刷すると、絵柄や文字の輪郭がギザギザした粗い仕上がりになったり、ぼやけたりしてしまいます。

カラー写真などの場合は、最低解像度350dpi以上。
文字や単色イラストなどの印刷では2000dpi程度の解像度が必要になります。
(実際に印刷するサイズで)
解像度が低いと・・・
ワード・エクセルなどのデータの場合
ワード・エクセル等のデータを元に、当社でイラストレーター(デザインなどの専用ソフトウェア)を使って制作し直しますので、印刷用データ制作料が別途必要になります。
原稿によって料金は変わりますので、お気軽にご相談下さい。
ワード・エクセルなどのデータの場合
手書き原稿の場合
手書きなどの原稿を元に、当社でイラストレーター(デザインなどの専用ソフトウェア)を使って印刷用データを制作します。
ファックスでお送りいただいても結構ですが、細かいデザイン・判読しづらいデザインの原稿は、できる限りご郵送にてお送りください。
こちらもデータ制作料が別途必要です。原稿によって料金は変わりますので、ご相談下さい。
手書き原稿の場合
ご注文前の注意
台紙(セパレーター)について
台紙は、最低でも上下左右ともに1.5mmずつシールサイズより大きくなります。

台紙サイズとシールサイズを同じにする場合、「断裁」または「全抜き」の工程(別途費用)が必要になります。断裁費・全抜き費は枚数によって異なります。
シール 坂田産業 台紙(セパレーター)
透明フィルムへの印刷について
透明フィルムに印刷された色は、透けた色になります。

透明素材に印刷された色は、インクの性質から、カラーセロハンのような透けた仕上がりになります。白インクの下地印刷(白引き)により、インクの透けをやわらげることができます。
白いものに貼ると・・・ 縞々のものに貼ると・・・
金・銀の紙やフィルムへの印刷について
金色銀色の素材に印刷された色は、インクの性質から金属的な雰囲気のするメタリックな色になってしまいます。

メタリックな色になるのをできるだけ防ぐには、白インクの下地印刷(白引き)をします。
・白いシール素材に印刷 ・銀色のシール素材に印刷
上質紙・クラフト紙・和紙への印刷について
上質紙やクラフト紙、和紙などの素材表面が粗い紙に印刷する場合には、印刷された色は部分的にかすれた仕上がりになります。 坂田産業
色あせについて
インクは紫外線に弱いため、太陽光などの紫外線にさらされると色が薄く変色する『色あせ』を起こしてしまいます。

屋外や窓際などでのご使用の場合は、紫外線に強いインク(超耐光インク)のご使用をお勧めします。
超耐光インクをご希望の場合、1色あたり+3,000円の別途費用が必要になります。
色あせすると・・・
色の認識の違いについて
言葉やデータ上の色は、認識する色に違いがあります。
色のご指定が正しくないと、印刷の仕上がりの色が、思っていた色と異なる事がございます。
次の方法で色をご指定ください。

【カラーチップ番号での色指定】
カラーチップのメーカーと番号をお伝えください。
※特色での印刷の場合に限ります。フルカラー(CMYK)での印刷ではご指定できません。


【出力見本などのご郵送による色指定】
理想の色の紙や雑誌の切り抜きなどでもOKですので、色見本となるものをご郵送ください。

【本機校正を依頼する色指定】
実際の印刷機で試作印刷いたします。色校正の費用(¥30,000~)が別途必要になります。
オレンジはこの色! 認識の違い